上場企業と投資家をつなぐ
成長企業の経営戦略が読める情報誌



マーケットニュース

引用元:FiscoNews

    2018年11月12日

    前日に動いた銘柄 part2:ケンコーマヨネーズ、森組、バンクオブイノベなど

    銘柄名<コード>⇒12日終値⇒前日比

    パンチ工業<6165> 617 -68
    いちよし証券ではレーティングを引き下げている。

    VOYAGE GROUP<3688> 1380 -171
    マド埋め警戒で処分売り優勢に。

    ケンコーマヨネーズ<2915> 2219 -295
    業績予想・配当予想を引き下げへ。

    イノテック<9880> 1314 -188
    上半期好決算で先週末は急騰したが。

    太陽誘電<6976> 2325 -291
    村田製との比較ではMLCC受注伸び悩みも。

    NOK<7240> 1603 -114
    通期ガイダンスを下方修正している。

    ケネディクス<4321> 559 -60
    第3四半期好決算もサプライズは乏しく。

    オプトラン<6235> 2140 -274
    先週末は上方修正受け買い先行後も伸び悩み。

    リソー教育<4714> 1222 -120
    連日の株価上昇の反動で利食い売りが集中へ。

    千代田化工建設<6366> 339 -17
    増資実施による希薄化を警戒する動きにも。

    東レ<3402> 901 +37.4
    通期下方修正発表後はあく抜け感優勢の流れにも。

    曙ブレーキ工業<7238> 194 -21
    12日決算発表を控えているが警戒売り先行か。

    アドバンテスト<6857> 2324 -134
    米半導体株安で利食い売りも優勢に。

    パナソニック<6752> 1160 -19
    三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断を格下げ。

    資生堂<4911> 7039 -295
    引き続き7-9月期の営業減益をマイナス視。

    森組<1853> 431 +80
    業績上方修正や大幅増配を材料視。

    テクノスマート<6246> 1014 +109
    7-9月期は大幅増益に転換へ。

    キャピタル・アセット・プランニング<3965> 3075 -650
    インフォームの完全子会社化を発表しているが。

    コメ兵<2780> 1421 -242
    7-9月期経常利益は大幅減益に。

    コーア商事HD<9273> 1095 -190
    通期計画に対する第1四半期の進捗率は低水準に。

    日本一S<3851> 1370 +182
    19年3月期第2四半期の営業利益、従来予想から上振れの4.16億円、通期予想上回る。

    オートウェーブ<2666> 142 +9
    19年3月期の営業利益を1.14億円に上方修正。

    駅探<3646> 1040 +83
    19年3月期第2四半期の営業利益2.61億円、従来予想上回る着地。

    バンクオブイノベ<4393> 2108+400
    18年9月期の営業利益は207.8%増、「ミトラスフィア」など中国配信へ。

    旅工房<6548> 1104+150
    19年3月期の営業利益を2.04億円に上方修正。

    アルファポリス<9467> 2194 +400
    19年3月期第2四半期の営業利益196.4%増。

    窪田製薬<4596> 328 +15
    視力低下の遺伝性疾患で治療薬候補の臨床第3相試験開始。

    ユニマットRC<9707> 2222 +334
    19年3月期の営業利益予想を32.49億円に上方修正。

    メイコー<6787> 2395 -500
    19年3月期の営業利益予想を92.00億円に上方修正も市場予測下回る。

    ULS-G<3798> 2465 +175
    今期業績予想の上方修正と期末配当の増配を発表。


    <FA>
本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

FISCO(フィスコ)

IR通信

IR通信

IR通信は上場企業と投資家をつなぐ「成長企業の経営戦略が読める情報誌」です。

定価:1,066円(税込)

IR通信への掲載・取材希望の方

IR通信編集部では、"成長企業の経営戦略を読む"というテーマのもと紙面に登場いただける経営者の方を募集しております。

pagetop