上場企業と投資家をつなぐ
成長企業の経営戦略が読める情報誌



マーケットニュース

引用元:FiscoNews

    2019年03月17日

    今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆126円台半ば近辺で上げ渋る可能性

    ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。ユーロ・円は、英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から137円50銭(2018/2/2)まで買われた。英国による欧州連合(EU)離脱期限の延期を巡る情勢は不透明であることから、ユーロの対円レートは126円台半ば近辺で上げ渋る可能性がある。

    【ユーロ売り要因】
    ・ユーロ圏の成長リスクは下向き
    ・欧米自動車摩擦への懸念
    ・欧州中央銀行(ECB)の政策金利は年内据え置きへ

    【ユーロ買い要因】
    ・米中貿易協議進展の可能性残る
    ・米国金利の先高観後退
    ・英国は合意なしのEU離脱を回避


    <CS>
本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

FISCO(フィスコ)

IR通信

IR通信

IR通信は上場企業と投資家をつなぐ「成長企業の経営戦略が読める情報誌」です。

定価:1,066円(税込)

IR通信への掲載・取材希望の方

IR通信編集部では、"成長企業の経営戦略を読む"というテーマのもと紙面に登場いただける経営者の方を募集しております。

pagetop