上場企業と投資家をつなぐ
成長企業の経営戦略が読める情報誌



マーケットニュース

引用元:FiscoNews

    2020年03月29日

    神戸物産---2月度の個別業績は引き続き増収増益、新店効果で売上高が増加

    神戸物産<3038>は25日、2020年2月度の月次業績を発表。売上高は前年同期比25.2%増の254.60億円、売上総利益は同22.1%増の23.22億円、営業利益は同17.1%増の15.63億円、経常利益は同6.2%増の16.69億円となった。

    2月度は、業務スーパーの新規出店が5店舗(千葉県成田市、神奈川県横須賀市、福岡県筑紫野市、北海道小樽市、浜松市東区)あったことで、店舗数が2020年2月末で856店舗となり、前年同期より34店舗増加したことによる新店効果で売上高が増加した。

    また、直轄エリア既存店への商品出荷実績は前年同期比19.6%増、直轄エリア全店への商品出荷実績は同24.4%増、全国全店への商品出荷実績は同24.9%増となり、堅調に推移した。

    引き続き多くのメディアで業務スーパーが取り上げられたことが集客に繋がった他、在宅勤務の広がりや、外出自粛などによる内食需要の高まりが出荷を押し上げる形となった。
    また、商品動向については、利便性の高い冷凍野菜や冷凍果物が伸長した。

    なお、業務スーパーでは3月1日から2ヵ月間、「業務スーパー20周年記念セール」を開催している。このセールにより、業務スーパーの魅力をより多くの消費者に広めたいとしている。

    <SF>
本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

FISCO(フィスコ)

IR通信

IR通信

IR通信は上場企業と投資家をつなぐ「成長企業の経営戦略が読める情報誌」です。

定価:1,066円(税込)

IR通信への掲載・取材希望の方

IR通信編集部では、"成長企業の経営戦略を読む"というテーマのもと紙面に登場いただける経営者の方を募集しております。

pagetop