上場企業と投資家をつなぐ
成長企業の経営戦略が読める情報誌



マーケットニュース

引用元:FiscoNews

    2018年11月12日

    前日に動いた銘柄 part1:新日本科学、ジャパンベストレスキューシステム、ブレインパッドなど

    銘柄名<コード>12日終値⇒前日比

    大林組<1802> 1078 +36
    19年3月期第2四半期は市場予想を上振れ。

    メドピア<6095> 1877 -218
    18年9月期決算の発表を延期。

    巴コーポレーション<1921> 460 +30
    今期業績予想の上方修正と特別配当の実施を発表。

    住友ベ<4203> 4170 +25
    19年3月期第2四半期営業利益は前年同期比8.5%減の91億円で着地。

    新日本科学<2395> 616 +100
    今期は一転して営業黒字見通しに。

    ジャパンベストレスキューシステム<2453> 1365 +300
    収益成長の継続や連続増配予想を好感。

    ブレインパッド<3655> 6120 +1000
    予想以上の上半期上方修正を材料視。

    熊谷組<1861> 3440 +500
    通期業績は想定外の上方修正へ。

    石原産業<4028> 1506 +175
    通期業績予想を大幅に上方修正。

    ビジョン<9416> 4340 +540
    第3四半期大幅増益決算を材料視。

    IBJ<6071> 733 +100
    ハピライズの子会社化を発表で。

    物語コーポレーション<3097> 11220 +1500
    第1四半期の2ケタ増益決算を評価の動き。

    アネスト岩田<6381> 1269 +157
    上半期上振れ着地や増配の発表で。

    デジタルハーツHD<3676> 1650 +203
    第2四半期減益決算もあく抜け感が優勢に。

    インソース<6200> 2419 +292
    今期の連続大幅増益見通しを好感。

    ユー・エム・シー・エレクトロニクス<6615> 2532 +278
    第2四半期決算受けて収益底打ち期待も。

    ジェイエイシーリクルートメント<2124> 2390 +233
    第3四半期好決算や10月月次を評価。

    ゲオHD<2681> 1858 +153
    通期業績予想を上方修正へ。

    コカ・コーラボトラーズJPHD<2579> 3340 +200
    自社株買い実施発表がインパクトにつながる。

    TATERU<1435> 616 +61
    第3四半期決算前に買い戻しが優勢。

    ダイフク<6383> 5440 +390
    市場想定を上回る好決算を評価の動き。

    森永製菓<2201> 4965 +300
    上半期業績は上振れ着地となる。

    セイノーHD<9076> 1760 +93
    市場コンセンサス上振れで通期予想を上方修正。

    シンクロ・フード<3963> 621 -150
    7-9月期営業利益は前四半期比で鈍化へ。

    オロ<3983> 4290 -1000
    上方修正発表も市場の期待値には未達で。

    青山商事<8219> 2991 -599
    通期営業利益予想を下方修正。

    三井金属鉱業<5706> 2587 -568
    市場予想を下回る水準にまで業績予想を下方修正。

    加藤製作所<6390> 2989 -506
    上半期好決算も出尽くし感が優勢に。

    ラウンドワン<4680> 1152 -219
    10月の既存店マイナス成長を嫌気。

    ひらまつ<2764> 407 -71
    業績下方修正で無配に転落へ。

    レオン自動機<6272> 1753 -267
    7-9月期経常減益幅は拡大へ。

    <FA>
本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

FISCO(フィスコ)

IR通信

IR通信

IR通信は上場企業と投資家をつなぐ「成長企業の経営戦略が読める情報誌」です。

定価:1,066円(税込)

IR通信への掲載・取材希望の方

IR通信編集部では、"成長企業の経営戦略を読む"というテーマのもと紙面に登場いただける経営者の方を募集しております。

pagetop