上場企業と投資家をつなぐ
成長企業の経営戦略が読める情報誌



マーケットニュース

引用元:FiscoNews

    2019年03月17日

    25日線支えに堅調スタートも上値重い

    [本日の想定レンジ]

    先週末15日は米NYダウが138.93ドル高の25848.87、ナスダック総合指数が57.62pt高の7688.53、シカゴ日経225先物が大阪比90円高の21330円。本日の日経平均は25日線の上昇や5日・25日線の短期ゴールデンクロス示現に支えられ、堅調なスタートが予想される。先週は21500円を超える水準の売り物が厚かっただけに、本日終値が21500円を明確に上回れば今後の上昇継続に期待が高まりそうだ。しかし、終値が同水準を下回れば上値の重さが強く意識され、おおむね21000-21500円での足踏み相場が長期化する可能性が出てくる点に留意したい。一目均衡表では、日々線が雲上で推移するとともに遅行線は株価を大幅に上回って強気シグナルを鮮明にしており、大勢では買い手優位が続いている。雲上限と下限が交差する変化日を27日に控えており、株価の上放れが期待されよう。ボリンジャーバンド
    (25日ベース)では、中心線と+1σで形成するレンジ内での動きが予想される。RSIは48.42%と中立圏にあって過熱感は窺えず、上値余地は大きいだろう。

    [予想レンジ]

    上限21650円−下限21450円

    <DM>
本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

FISCO(フィスコ)

IR通信

IR通信

IR通信は上場企業と投資家をつなぐ「成長企業の経営戦略が読める情報誌」です。

定価:1,066円(税込)

IR通信への掲載・取材希望の方

IR通信編集部では、"成長企業の経営戦略を読む"というテーマのもと紙面に登場いただける経営者の方を募集しております。

pagetop