上場企業と投資家をつなぐ
成長企業の経営戦略が読める情報誌



マーケットニュース

引用元:FiscoNews

    2021年10月24日

    前日に動いた銘柄 part1 レーザーテック、東京エレクトロン、ディスコなど

    銘柄名<コード>22日終値⇒前日比
    日ペHD<4612> 1260 +59
    中国恒大集団によるドル債利払い実施が伝わり、安心感台頭。

    ブイキューブ<3681> 1782 -47
    21日は新規カバレッジで急騰、今日は高値圏で利食い売りをこなす動き。

    トクヤマ<4043> 2009 -25
    決算近づくなか原材料費高の影響を嫌気か、年初来安値更新。

    FRONTEO<2158> 2358 +122
    需給重視の追随買いで青天井の展開。

    新日本科学<2395> 1369 +192
    想定以上の業績上方修正をポジティブ視。

    サインポスト<3996> 1707 +39
    郵便局内に無人決済のコンビニ設置との報道から思惑買い続く。

    三井松島HD<1518> 1599 +120
    井村俊哉氏が5.22%を新規取得と伝わっている。

    ホクシン<7897> 202 +23
    セブン工業の業績上方修正が刺激材料とされる。

    SCREEN<7735> 9480 +450
    米SOX指数上昇などで半導体製造装置関連がリバウンド。

    ローツェ<6323> 10630 +370
    半導体関連の一角として押し目買いが優勢に。

    USEN−NEXT HOLDINGS<9418> 3255 +145
    「USEN助成金診断サービス」向け事業性融資の提供開始を引き続き材視か。

    レーザーテック<6920> 25810 +930
    米半導体株高で21日に大幅下落の反動。

    東京エレクトロン<8035> 50750 +2140
    米半導体株高で22日は半導体製造装置が一斉高に。

    シンプレクスHD<4373> 2316 +106
    急ピッチの調整一巡感で押し目買い強まる。

    日本電子<6951> 8400 +300
    半導体製造装置関連の一角として買いが優勢に。

    新光電気工業<6967> 3855 +100
    インテルの時間外下落で売り先行となったが。

    ルネサスエレクトロニクス<6723> 1391 +55
    エヌビディアなど米半導体関連の上昇が刺激。

    ディスコ<6146> 31000 +900
    実績値・第3四半期見通しとも期待以上の水準に。

    ニコン<7731> 1298 +25
    半導体製造装置関連の側面などを材料視か。

    TOWA<6315> 2438 +109
    半導体製造装置株高の流れが波及へ。

    KOA<6999> 1578 -142
    第3四半期業績見通しをマイナス材料視。

    ZHD<4689> 663.1 -30.5
    米スナップの株価急落が波及する格好にも。

    クリレスHD<3387> 911 -69
    新株式発行に係る発行登録を先に行っており増資懸念が続く。


    <FA>

    元記事:https://web.fisco.jp/platform/selected-news/00093500/0009350020211025001


本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

FISCO(フィスコ)

IR通信

IR通信

IR通信は上場企業と投資家をつなぐ「成長企業の経営戦略が読める情報誌」です。

定価:1,066円(税込)

IR通信への掲載・取材希望の方

IR通信編集部では、"成長企業の経営戦略を読む"というテーマのもと紙面に登場いただける経営者の方を募集しております。

pagetop