上場企業と投資家をつなぐ
成長企業の経営戦略が読める情報誌



マーケットニュース

引用元:FiscoNews

    2019年09月20日

    日銀金融政策は当面変わらずか

     日本銀行の黒田総裁は19日に行なわれた記者会見で前回会合時よりも追加緩和に前向きであるとの意向を伝えた。追加緩和については現行の金融政策の枠組みで対応できるとの見方を示したが、市場参加者の間では「外部環境が悪化した場合、次回会合で追加緩和が決定される可能性は高い」との見方が広がっている。

     ただし、一部の市場参加者は「相応の理由がない場合、日銀が次回会合で追加緩和を決定するとは思えない」と指摘している。10月末時点で消費税率引き上げの影響を見極めることは難しいことから、急激な円高進行や米中貿易摩擦の激化など物価のモメンタムが著しく損なわれる状況が出現しない場合、日銀は経済・物価動向を再点検しても金融政策の現状維持を決める可能性は高いとみられる。
    <MK>
本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

FISCO(フィスコ)

IR通信

IR通信

IR通信は上場企業と投資家をつなぐ「成長企業の経営戦略が読める情報誌」です。

定価:1,066円(税込)

IR通信への掲載・取材希望の方

IR通信編集部では、"成長企業の経営戦略を読む"というテーマのもと紙面に登場いただける経営者の方を募集しております。

pagetop