上場企業と投資家をつなぐ
成長企業の経営戦略が読める情報誌
IPOを狙う企業特集

株式会社メイプルシステムズ 代表取締役 遠藤 祐介

現役プログラマー社長が技術者だけの理想郷を築く

※下記はIR通信【IPO特別号】(2014年1月10日発刊)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―今後のビジョンを教えてください。

遠藤:受託開発とSES事業を軸にしつつ、自社サービスをどんどん立ち上げていきます。ゆくゆくはFacebookやLINEのような、人々の生活インフラとなるサービスをつくりだしたい。2~3年後までに年間利益1億円を突破し、IPOを果たしたいと考えています。そのためにも、いま22名の社員数を来期は30名、2015年度は40名にまで増やす計画です。これまでは既存社員の紹介といった方法で間にあわせていましたが、本格的な採用活動を開始します。

―採用基準を聞かせてください。

遠藤:一緒に働きたい「仲間」かどうかを最重要視しています。苦しいときでも、冗談をいいあって乗り越えていける。そんな性格かどうかを面接で見極めています。また、「この技術について説明してください」と聞いて、深く内容を理解した答えが返ってくるかで技術力をチェック。私自身が現役エンジニアですから、厳しく判定しますよ。学歴は一切問いません。東大の博士課程修了者も高専卒業者もいます。全員を仲間と思って接しています。冗談をいいあいながら、ともに切磋琢磨し、プロジェクトを完遂。その喜びをわかちあう。「遠藤さんに会えてよかったです」。社員からそんな言葉を聞いたとき、会社を作ったかいがあったと思いましたね。

遠藤 祐介(えんどう ゆうすけ)プロフィール

1981年、福岡県生まれ。2005年に九州工業大学を卒業。IT企業2社に勤務後、フリーランスを経て、2009年に株式会社メイプルシステムズを設立、代表取締役に就任。受託開発事業を中心に倍々ゲームで業績を伸ばし、IPOをめざす。一方で、いまでも自らプログラミングを手がけ、またデータベース技術への見識を深めるため東京大学工学部システム創成学科に研究生として入学するなど、現役エンジニアであることにこだわりをもつ。

企業情報

設立 2009年4月
資本金 1,000万円
売上高 1億3,500万円(2013年3月期)
従業員数 22名
事業内容 技術者常駐型の技術支援サービス(SES)、システム開発における技術教育・コンサルタント、iPhone(iOS)・Android端末向けアプリケーションの企画・デザイン・開発・運営・販売・保守、PC・スマートフォン向けサイトの企画・開発・運営・保守、ロゴ制作、名刺・カタログ・封筒・フライヤーなどの印刷物デザイン制作、就活生・技術者向け各種セミナー運営
URL http://maplesystems.co.jp/

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

IR通信

IR通信

IR通信は上場企業と投資家をつなぐ「成長企業の経営戦略が読める情報誌」です。

定価:1,066円(税込)

IR通信への掲載・取材希望の方

IR通信編集部では、"成長企業の経営戦略を読む"というテーマのもと紙面に登場いただける経営者の方を募集しております。

pagetop