上場企業と投資家をつなぐ
成長企業の経営戦略が読める情報誌
上場企業インタビュー

株式会社インターワークス 代表取締役社長 雨宮 玲於奈

バブル期以来の雇用情勢好転で製造業の人手不足は解消せず

切り口はセグメントか新手法。今後も1年に1サイト開設

―大手も「領域特化型求人」というビジネス領域に踏み込んでくるかもしれません。備えはありますか。

 もちろんあります。「領域特化型の求人サービス」という今の路線で、ユーザーや株主から一定の支持を得てきました。今後もこの路線を堅持し、その展開シナリオを加速していくのが我々の備えです。

―1年に1つ新しいサイトを作るという方針を「ぽけじょぶ」で実現しましたね。どういうものなのですか。

「ぽけじょぶ」はユーザーの力を借りたCGM型アルバイト求人アプリです。求人貼り紙は、国内で30万枚以上あると言われています。この店頭の求人貼り紙を写真投稿することで、「ぽけじょぶ」のプラットフォームにそのまま掲載されるのです。「アルバイト急募 時給900円 時間応相談 電話番号」のような情報が瞬時にアップされます。求職者は働きたいエリアの地図をなぞるだけで、求人情報を簡単に集めることが可能となりました。

 たとえば、町の小さな個人商店は大きな採用コストをかけられません。貼り紙情報をサイトに投稿するだけなら無料なので、「求人情報を簡単に、タイムリーに、生活圏のなかのより多くの方に」伝えることができるメリットが、このサービスにはあります。

 アルバイトの求人メディアで、ユーザーからサイトに情報を寄せてもらうという手法は業界初です。

―今後もこの「1年1サイト」を目指しますか。

 はい、この姿勢は貫きます。狙うのは需給ギャップのある職種です。それは世の中にたくさんありますし、それらすべてがサービスの対象になります。

 当社は、「工場WORKS」のような領域に特化した、つまり業種セグメントされた求人サイト、あるいは手法として初めてというサービスに、これからも挑戦します。手法というのは、すでにあるサービスでも集客の仕方や応募の仕方が初めてであったり、機能として初めて提供されるというものです。「ぽけじょぶ」は「手法として初めて」に入ります。「業種セグメント」と「新手法」、この2軸において1年で1サイトを展開することを市場に約束しています。

セグメントナンバーワンで社会構造に変革を与える

―東証一部上場を果たし、今後のビジョンを教えてください。

 当社のビジョンは、セグメント上のナンバーワンを目指すことです。サービスの切り方によって、そこで一番の支持を受ける。他社がやらないセグメントでナンバーワンになれるものを手がけます。

 一部上場企業として成長していくのは当たり前、社会の期待に寄与すべくチャレンジしていくスタートラインだと思っています。ある意味で社会構造を動かせるようなことをやらないと、一部上場企業とは認めてもらえません。「働きたい人、誰しもが働ける」という世界がつくれるなら、人材サービス会社としては何かしらの影響を与えているのでしょう。そこにチャレンジしていきたいですね。

雨宮 玲於奈(あめみや れおな)プロフィール

1975年、神奈川県生まれ。法政大学経済学部を卒業後、2003年に株式会社リクルートエイブリック(現:株式会社リクルートキャリア)に転職。株式会社リクルートドクターズキャリア(現:株式会社リクルートメディカルキャリア)をはじめとしたリクルートグループ数社で人材サービス事業の指揮をとる。2014年1月に株式会社アイ・アム&インターワークス(現:株式会社インターワークス)取締役副社長、2014年4月に代表取締役社長に就任。

企業情報

設立 1991年3月
資本金 1億6,301万円(2015年6月現在:連結)
従業員数 183名(2015年3月時点:グループ全体)
決算期 3月末
事業内容 メディア事業、ソリューション事業、人材紹介事業
URL http://interworks.jp/

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

IR通信

IR通信

IR通信は上場企業と投資家をつなぐ「成長企業の経営戦略が読める情報誌」です。

定価:1,066円(税込)

IR通信への掲載・取材希望の方

IR通信編集部では、"成長企業の経営戦略を読む"というテーマのもと紙面に登場いただける経営者の方を募集しております。

pagetop