上場企業と投資家をつなぐ
成長企業の経営戦略が読める情報誌
上場企業インタビュー

株式会社ネクステージ 代表取締役社長 広田 靖治

業界の基準となることで「中古車メーカー」を目指す

効率よく売る方法を会社全体で仕組み化させる

―どのような戦略ですか。

「ローコストオペレーション」「一人当たりの生産性」「在庫回転率」「中型店舗の多店舗展開」をそれぞれ強化して、効率経営を徹底する戦略です。そのために、仕入部の強化と店舗の強化を図っています。
 仕入部の強化に関しては、もともと厳選した仕入を行っていましたが、それをさらに高め、在庫回転率を改善しようという取り組みです。まずは基本的なことですが、売れない商品を仕入れない。そして、売れ筋でも大量に買いすぎないように調整する。また、エリアによっても売れ筋は変わるので、それを細かく見極めて適正な価格をつける。これらをすべてデータ化し、各数値をできるだけ正確に把握。その後、店舗に振り分けるのです。
 中古車は、まったく同じ状態のクルマを仕入れるのは不可能。そのぶん仕入は難しいのですが、数値を把握することで精度を高めていこうというものです。

―店舗の強化について教えてください。

 これまで現場は店長のマネジメントに頼っていましたが、それでは店長の能力によって販売力の差が生まれ、売上にバラつきができてしまう。そのため、各店舗のオペレーションを本部で一元管理するという仕組み化に取り組んでいます。
 具体的には、店長を含めたすべてのスタッフの業務タイムスケジュールを管理。誰が何をするかまで細かく決めることで、ムダのない店舗運営を行っています。さらに、なかなか成果に結びつかないスタッフは、本部で教育を徹底。いわば売れる仕組みを本部主導でマニュアル化することで、店舗ごとの成約率アップを図っているのです。

新しいポストの創設と 実績ある社外取締役の登用

―成果は出ていますか。

 まだ改善途中であるものの、在庫管理期間を90日から60日に短縮し、売上高と店舗数を増やしながらも棚卸資産を約20億円削減することに成功。これは、顧客がほしい商品をいち早く提供し、効率よく販売できていることのあらわれです。
 しかし、まだまだ改善の余地はあります。今後もお客さま第一主義を徹底しつつ、さらなる効率経営を目指していきます。直近では、組織の強化にも取り組んでいます。

―詳細を教えてください。

 店舗と本部の間に新しいポストを創設しました。世間でいうスーパーバイザーのような役割です。これも店舗強化の一環になりますが、新規出店のサポートを担ったり、売上不振店のテコ入れを任せることで、全体の底上げを図るのが狙いです。
 さらに社外取締役として、元・株式会社良品計画代表取締役会長(兼)執行役員の松井忠三氏を選任。同氏がこれまで培ってきた成功体験を当社の店舗運営に実装することで、より強い組織をつくっていきます。

クルマを通じて 豊かな社会をつくっていく

―今後のビジョンを聞かせてください。

「2020年ビジョン」として、200店舗、売上高2000億円、経常利益100億円を目指しています。そのための柱として、積極的な出店展開、イージーオペレーション体制の整備、Web販売の強化を図っていきます。
 具体的には、効率よく販売する方法を会社全体で仕組み化させ、業務オペレーションを改善し、スーパーやコンビニなどの居抜き物件を活用したコストを抑えた出店も行うなど、出店スピードを加速化。さらに昨年から開始した、「Amazon.co.jp」での中古車のワンクリック販売という業界初のサービスをより浸透させ、Web販売体制の強化を図っていく予定です。そして市場シェア10%を獲得し、「2020年ビジョン」の達成を狙います。
 これまで中古車業界は価格や品質、サービスが店によってバラバラだったため、なかなか顧客に安心と信頼を提供することができませんでした。そこで当社がフラッグシップカンパニーになることで、ネクステージの価格、品質、サービスを業界の基準にしていきたい。その結果、当社が「中古車メーカー」と呼ばれるようになればいいと考えています。
 業界をイノベーションして、未来に向けた新しいクルマの買い方を浸透させていく。それを追求することで、株主にも還元できるはず。クルマを通じて、豊かな社会をつくっていきたいですね。

広田 靖治(ひろた せいじ)プロフィール

1973年、大阪府生まれ。1998年に有限会社オートステージヒロタを設立し、代表取締役社長に就任。2002年に株式会社ネクステージを設立し、2004年に両社を統合。2013年7月に東証マザーズに新規上場、2014年9月に東証一部に市場変更し、12月に名証一部へ上場した。

企業情報

設立 1998年12月
資本金 6億9,986万1,400円(2015年6月末現在)
従業員数 633人(2015年5月末現在)
上場年月日 2013年7月30日(東証マザーズ)、2014年9月19日(東証一部)、 2014年12月4日(名証一部)
決算期 11月末
事業内容 新車・中古車の販売および修理、損害保険代理店業
URL http://www.nextage.jp/

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

IR通信

IR通信

IR通信は上場企業と投資家をつなぐ「成長企業の経営戦略が読める情報誌」です。

定価:1,066円(税込)

IR通信への掲載・取材希望の方

IR通信編集部では、"成長企業の経営戦略を読む"というテーマのもと紙面に登場いただける経営者の方を募集しております。

pagetop