上場企業と投資家をつなぐ
成長企業の経営戦略が読める情報誌
IPO・IR支援企業

フォーサイト総合法律事務所 代表パートナー弁護士 大村 健

成長ベンチャーにふさわしい リーガルパートナーを選ぶ方法

成長志向の高い企業が選ぶべきリーガルパートナーとは。フォーサイト総合法律事務所の代表パートナー弁護士の大村氏は「専門分野をもつ複数の弁護士によってチームを形成できる法律事務所がふさわしい」と語る。同氏はこの2年半の間に法律顧問や社外役員を務めた8社が上場した実績をもつ。今回は同氏と、同じ法律事務所に属してベンチャーを支援している3名の弁護士に法律事務所の選び方などを聞いた。

※下記はIR通信vol.1(2014年8月22日発刊)から抜粋し、記事は取材時のものです。

成長ベンチャーの法務体制は 上場を見すえる必要がある

―成長志向の高いベンチャー企業は、法務分野でどんな課題を抱えていますか。

【大村】自社にふさわしいリーガルパートナーが見つからないことです。
 ほとんどの法律事務所は中小企業向けか大企業向けか、いずれかに片寄っている。いまの身の丈にあったパートナーは中小企業向けでしょう。しかし、たとえば「上場するプロセスや上場した後で法律上の問題が起こるリスクの少ない体制にしたい」といった相談にこたえられない。経験のない領域だからです。
 一方、大手企業向けの大規模法律事務所は、特定の分野の深い知識をもつ弁護士がそろっています。しかし、成長ベンチャーの悩みは分野を横断したものが多い。大規模法律事務所では、それに対応できるチームを構築するのが大変です。

―では、どんな法律事務所を選べばいいのでしょう。

【大村】ひとつの法律事務所のなかで、特定の分野に専門性をもち、かつ成長ベンチャーならではの法的リスクに詳しい複数の弁護士が、問題ごとにチームを組んで機動的に相談に乗る。こういう体制がいちばんふさわしい。
 私たちは、そのような体制で多くの成長ベンチャーを支援しています。

大村 健(おおむら たけし)プロフィール

1974年生まれ。1997年に中央大学法学部法律学科卒業。1999年に弁護士登録。2011年にフォーサイト総合法律事務所開設、代表パートナー弁護士就任。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

IR通信メールマガジン

IR通信注目の上場企業やIPO予定企業などの最新情報をお知らせします。

ご登録はこちら

IR通信

IR通信

IR通信は上場企業と投資家をつなぐ「成長企業の経営戦略が読める情報誌」です。

定価:1,066円(税込)

IR通信への掲載・取材希望の方

IR通信編集部では、"成長企業の経営戦略を読む"というテーマのもと紙面に登場いただける経営者の方を募集しております。

pagetop