上場企業と投資家をつなぐ
成長企業の経営戦略が読める情報誌



マーケットニュース

引用元:FiscoNews

    2018年01月15日

    こう着感の強い相場展開に

    [本日の想定レンジ]
     15日のNY市場はキング牧師の生誕日の祝日で休場。シカゴ日経225先物清算値は大阪比35円安の23685円とやや弱含みだったほか、欧州市場は小幅ながらも全般下落している。円相場は1ドル110円40銭台での推移に。
     昨日同様、こう着感の強い相場展開が続きそうである。昨日は買い先行後で始まったが、その後は5日線を挟んでのこう着。ボリンジャーバンドでは+1σと+2σとのレンジ内での推移となっており、バンドは緩やかに拡大傾向にある。週足のボリンジャーバンドについても+1σと2σとのレンジ内での推移が続いているが、バンドが拡大する中+2σと+1σとの中心辺りまで低下しており、過熱は冷まされた格好。出来高の5日、25日平均が短期デッドクロスをみせつつあり、足元でこう着感の強い相場展開に向かいやすい面はある。ただし、調整一巡感が意識されやすいところでもあり、引き続き下値を固めつつ、次のターゲットである1991年10月の戻り高値水準となる25000円台への意識が次第に強まる格好だろう。23650-23800円のレンジを想定。

    [予想レンジ]

    上限 23800円−下限 23650円

    <TM>
本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

FISCO(フィスコ)

IR通信

IR通信

IR通信は上場企業と投資家をつなぐ「成長企業の経営戦略が読める情報誌」です。

定価:1,066円(税込)

IR通信への掲載・取材希望の方

IR通信編集部では、"成長企業の経営戦略を読む"というテーマのもと紙面に登場いただける経営者の方を募集しております。

pagetop