上場企業と投資家をつなぐ
成長企業の経営戦略が読める情報誌



マーケットニュース

引用元:FiscoNews

    2017年01月23日

    東京為替:ドル・円は売り一服、日本株は下げ幅を縮小

    ドル・円は売り一服となり、足元は113円70銭付近で推移している。日経平均株価が節目の19000円台に戻しており、ドル売り・円買いがやや弱まっているようだ。ただ、欧米株式先物が引き続き弱含み、ドルが114円台を回復するには手がかりが乏しい。

    ここまでのドル・円の取引レンジは113円44銭から114円43銭、ユーロ・円は、121円87銭から122円48銭、ユーロ・ドルは1.0695ドルから1.0750ドルで推移した。

    <MK>
本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

FISCO(フィスコ)

IR通信メールマガジン

IR通信注目の上場企業やIPO予定企業などの最新情報をお知らせします。

ご登録はこちら

IR通信

IR通信

IR通信は上場企業と投資家をつなぐ「成長企業の経営戦略が読める情報誌」です。

定価:1,066円(税込)

IR通信への掲載・取材希望の方

IR通信編集部では、"成長企業の経営戦略を読む"というテーマのもと紙面に登場いただける経営者の方を募集しております。

pagetop