上場企業と投資家をつなぐ
成長企業の経営戦略が読める情報誌



マーケットニュース

引用元:FiscoNews

    2017年07月19日

    前日に動いた銘柄 part1:日油、東宝、明電舎など

    銘柄名<コード>⇒19日終値⇒前日比

    サンケン電<6707> 569 +25
    抜本的な構造改革実施を期待する動き。

    イデアインター<3140> 1177 +61
    17年6月期の利益上振れや初配実施を好感。

    ナノキャリア<4571> 705 +25
    開発中の抗がん剤が米国FDAの希少疾病用医薬品指定を思惑視。

    イマジカロボ<6879> 732 +10
    子会社が空間移動型VR作品を公開したことを発表。

    エンシュウ<6218> 152 +13
    スピード調整一巡感でリバウンド狙いの動きに。

    レナウン<3606> 194 +19
    第1四半期好決算を評価の動き続く。

    東宝<9602> 3650 +250
    想定以上の業績上方修正を発表で。

    東京ベース<3415> 5200 +375
    直近発表した好決算を改めて評価か。

    C&R<4763> 1458 +94
    好決算発表銘柄見直しの流れにも乗る。

    日油<4403> 1575 +73
    みずほ証券では新規に「買い」推奨。

    東京計器<7721> 306 +15
    防衛関連としてのテーマ性などから押し目買いか。

    昭和電工<4004> 3035 +142
    野村証券では投資判断を「バイ」に格上げ。

    北の達人<2930> 1077 +27
    引き続き第1四半期好決算を好評価する動きに。

    黒崎播磨<5352> 471 +28
    電炉の稼働率上昇による耐火物の需要増期待も。

    KYB<7242> 632 +24
    ジェフリーズ証券では新規に「バイ」格付け。

    大塚商会<4768> 7300 +300
    シティグループ証券では投資判断を「1」に格上げ。

    日本エスコン<8892> 523 +21
    中小型不動産株の一角が強い動きに。

    松竹<9601> 1461 +52
    東宝の好決算なども刺激か。

    ビックカメラ<3048> 1225 +31
    高値更新で買い戻しなども優勢の展開に。

    UKCHD<3156> 1761 -136
    香港子会社に絡んで子会社190億円程度の損失計上と。

    エスクローAJ<6093> 3290 -125
    決算発表後は上値追い続いたが19日は利食い先行へ。

    芦森工業<3526> 336 -8
    徐々に人気離散でもみ合い下放れへ。

    東京製鐵<5423> 957 -35
    8月の鋼材販売価格据え置きでマージンの悪化懸念。

    北越紀州製紙<3865> 797 -36
    野村証券では日経平均の除外候補の一つとする。

    明電舎<6508> 376 -18
    北越紀州と同様に日経平均採用銘柄除外懸念。

    ツクイ<2398> 644 -18
    高水準の信用買い残などは重しに。

    ディー・エル・イー<3686> 507 -21
    株価下落に伴って処分売り圧力強まる。

    ツガミ<6101> 818 -26
    設備投資関連株の一角がさえない。

    <HT>
本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

FISCO(フィスコ)

IR通信メールマガジン

IR通信注目の上場企業やIPO予定企業などの最新情報をお知らせします。

ご登録はこちら

IR通信

IR通信

IR通信は上場企業と投資家をつなぐ「成長企業の経営戦略が読める情報誌」です。

定価:1,066円(税込)

IR通信への掲載・取材希望の方

IR通信編集部では、"成長企業の経営戦略を読む"というテーマのもと紙面に登場いただける経営者の方を募集しております。

pagetop