上場企業と投資家をつなぐ
成長企業の経営戦略が読める情報誌



マーケットニュース

引用元:FiscoNews

    2018年06月21日

    東京為替:ドル・円は110円30銭台で推移、株安を意識した取引は限定的か

    21日午前の東京市場でドル・円は110円35銭近辺で推移。日経平均株価は小幅安で推移しているが、これまでのところ、株安を嫌気したリスク回避のドル売りは特に増えていないようだ。株価反転の期待は残されており、リスク回避的な円買いがただちに拡大する可能性は低いとみられている。ここまでのドル・円の取引レンジは110円33銭から110円44銭。
    ・ユーロ・円は、127円68銭から127円86銭で推移
    ・ユーロ・ドルは、1.1570ドルから1.1580ドルで推移

    ■今後のポイント
    ・109円台半ば近辺で個人勢などのドル買い興味
    ・1ドル=111−112円台で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性

    ・NY原油先物(時間外取引):高値65.73ドル 安値65.33ドル 直近値65.63ドル

    <MK>
本記事は株式会社フィスコから提供を受けています。
著作権は株式会社フィスコに帰属します。

関連記事

FISCO(フィスコ)

IR通信

IR通信

IR通信は上場企業と投資家をつなぐ「成長企業の経営戦略が読める情報誌」です。

定価:1,066円(税込)

IR通信への掲載・取材希望の方

IR通信編集部では、"成長企業の経営戦略を読む"というテーマのもと紙面に登場いただける経営者の方を募集しております。

pagetop