上場企業と投資家をつなぐ
成長企業の経営戦略が読める情報誌
上場企業インタビュー

エスケー化研株式会社 代表取締役社長 藤井 實

建築仕上塗材の「ガリバー」が継続成長できる秘密

ビルやマンションといった建築物の資産価値の維持向上に欠かせない建材のひとつが建築仕上塗材だ。この分野で圧倒的なシェアを誇るエスケー化研代表の藤井氏に、業界トップを継続できる理由などを聞いた。

※下記はIR通信vol.1(2014年8月22日発刊)から抜粋し、記事は取材時のものです。

世の中にないものを つくり続ける

―5期連続で増収増益を果たしています。好調な業績を続けられる理由を教えてください。

 時代のニーズに合った製品を提供しているからです。近年の建築業界は、新築よりもリフォームの需要が多く、建物を長持ちさせるための建築塗材の需要が伸びています。また、東日本大震災の影響もあり、今後は「省エネ」「安全」「安心」への配慮が建物に求められています。
 そうしたなか、当社は国内初・世界初にこだわり、不燃断熱材や意匠性の高いセラミック系耐火被覆材、超低汚染塗料など、付加価値の高い製品を開発しています。

―なぜ国内初や世界初の製品を開発できるのですか。

「無から有を生じる」という創業の精神が根づいているからです。もともと当社は、何もないなかで廃溶剤のリサイクルからスタートした企業です。その後、2度のオイルショックを経験し、有機系材料だけでは資源に限りがあるとのことで、無尽蔵に存在する石や砂など誰でも手に入るモノに着目し、自然素材を使った無機質系塗料を開発。革新を起こしてきました。
 近年は「世の中にないものをつくる」を使命に、塗料以外の新しい化学建材の開発も強化。世界が求める建築仕上塗材を生み出すため、日々研究開発に取り組んでいます。

―創業から約60年がたちます。継続経営の秘訣を聞かせてください。

「ピンチをチャンスに変えていく」という強い意志をもち、それを率先垂範してきたことですね。会社を経営している限り、ピンチは必ずやってきます。そこで一歩も逃げることなく、真正面から立ち向かうことが会社の継続につながります。

―具体事例を教えてください。

 1993年に、大きなクレームをだしたことがあります。そのときは、10~20年経ったマンションの改修需要が全国的に増加。古いマンションの外壁は傷んでいるので、塗装する前に下地を補修する必要がありました。そこで、業界初の下地補修材を開発。ヒット商品になったんです。
 ところが、販売して1年ほど経った頃、下地補修材を使用した壁がひび割れや、はがれを起し、全国から多数のクレームが寄せられることに。原因を調査すると、検証テストが不十分なまま商品化したことが原因だと判明しました。

―大変なピンチですね。

 ライバル企業から「エスケー化研は倒産するんちゃうか」とも揶揄されました。そうしたなか、私は問題のあったすべての現場に対して、全額補償を約束。そのうえで、修復してまわったんです。その償いは、2年ほど続きました。
 結果、なにが起こったかというと、当社の信頼性が以前より向上したんです。「エスケー化研は逃げることなく謝罪し、調査・補償のうえ、無料で修復してくれる」と。あのクレームがあったからこそ、現在のわれわれがあると思っています。それ以降、よりよい商品を研究開発する体制づくりを徹底しました。

藤井 實(ふじい みのる)プロフィール

1932年、兵庫県生まれ。1955年、22歳で四国化学研究所を創立。1958年、株式会社四国化学研究所に法人改組し、代表取締役社長に就任。1991年、社名をエスケー化研に改称。1994年、ジャスダックに株式を上場。1970年代からアジアへ進出し、約30ヵ国で同社製品が使われている。建築仕上塗材の国内シェアNo.1企業を一代で築きあげた。一般社団法人日本建築材料協会会長などの要職を歴任し、2000年に黄綬褒章、2014年に旭日小綬章を受章。

企業情報

設立 1958年4月
資本金 26億6,200万円
従業員数 2,035名(連結)
上場年月日 1994年10月19日(ジャスダック)
決算期 3月末
事業内容 建築仕上塗材事業、耐火断熱事業、その他 
URL http://www.sk-kaken.co.jp/

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

IR通信メールマガジン

IR通信注目の上場企業やIPO予定企業などの最新情報をお知らせします。

ご登録はこちら

IR通信

IR通信

IR通信は上場企業と投資家をつなぐ「成長企業の経営戦略が読める情報誌」です。

定価:1,066円(税込)

IR通信への掲載・取材希望の方

IR通信編集部では、"成長企業の経営戦略を読む"というテーマのもと紙面に登場いただける経営者の方を募集しております。

pagetop