上場企業と投資家をつなぐ
成長企業の経営戦略が読める情報誌
上場企業インタビュー

株式会社エムビーエス 代表取締役 山本 貴士

業界の常識を覆した特許技術で日本列島をリフォームする

外壁のリフォームにおいて、オンリーワンの特許技術を武器に業績を伸ばしているエムビーエス。山口県宇部市に本社を構えながらも、全国展開を見すえた戦略とは―。

(注1)暴露試験:わざと雨風に曝したり直射日光に当てたりして、 製品の劣化の経時変化を調べる試験のこと

※下記はIR通信vol.2(2015年2月25日発刊)から抜粋し、記事は取材時のものです。

見た目のキレイさよりも外壁の耐久性を重視

―御社は競争の激しい建設業界で順調に売上を伸ばし、直近では5期連続で増収を果たしています。継続成長の要因はなんでしょう。

 オンリーワンの技術に基づいたサービスを提供しているからです。当社は、おもに2つの工法を軸に事業展開をしています。まず、一般住宅やマンション、ビル、商業施設などの外壁リフォームを行う「ホームメイキャップ工法」。そして、道路や線路、橋梁、トンネルといった公共建造物のコンクリート剥落防止用のコーティングを施す「スケルトン工法」です。

―まずは「ホームメイキャップ工法」の詳細を教えてください。

 従来の外壁リフォームは見栄えをキレイにする、いわゆる装飾重視の傾向がありました。しかし当社は、外壁を補強することに注力しています。建物を長期に保存していくために独自の特殊コーティング材を使い、耐久性、防水性に優れた外壁にリフォームし、さらに美観を高めるために色を塗る。いわば進化した塗装です。
 また、作業を細分化して外注するのではなく、独自の教育制度と資格認定制度により、技術とマナーを兼ね備えたスタッフが施工を担当。ワンストップで請け負うので、責任の所在があきらかになるうえに工期短縮にもつながります。そのため、顧客満足度も高いのです。
 さらに、技術に裏打ちされた信頼関係により、建設会社や工務店などのパートナー企業から受注するスタイルを確立しており、顧客からの紹介も多く、訪問販売をする必要がありません。

透明に覆うことで点検・補修のムダを省く

―「スケルトン工法」の詳細を聞かせてください。

「ホームメイキャップ工法」にさらなる改良をくわえた技術で、コンクリート建造物の表面を保護するために透明な素材でコーティングする工法です。
 従来の剥落防止の工法では、表面保護に色つきのコーティングをしていました。しかしそれでは、コンクリート全体を覆い隠すことになり、仮にコンクリートのひび割れが起こっても該当箇所がわかりません。特定するためには、すべてのコーティングを剥がすことになり、時間もコストもかかってしまいます。
 その点、透明に覆ってしまえば、異常個所が目視できます。そのため、点検・補修にムダが出ません。
 また、補強素材が布のように柔らかいので、細かい部分の施工が可能。手順も施工材料もシンプルで手間がかからないうえに、防水性、靱性を強化。構造物の長期寿命化を実現しているのです。
 現在、20の都道府県の公共建造物で利用されています。

―高い評価を得ているのですね。なぜ御社はそのような技術を提供できるのでしょう。

 具体的には、イギリスの塗料メーカーと業務提携を締結。耐久性に優れた塗料を仕入れ、日本の気候にあうように、いろいろ試行錯誤した結果です。
 その背景として、新築で何千万円もする家を購入したのに、10年も経たないうちに外壁材の塗装が剥がれたり色あせる。リフォームしても2、3年しかもたない。そうした不満をもつ人が多かったのです。その不満を解消すれば、大きなビジネスになるのではないかと。
 外壁リフォーム業を開始した1998年当時、日本の住宅の耐久年数は26年間といわれていました。一方海外では、アメリカが49年間、イギリスは70〜90年間です。そこで、渡英し、リフォーム状況や考え方を確認。結果、色をつけてキレイにするより、外装基材を保持するためのコーティング材を重視していた。そのとき、装飾は二の次だと気づかされたんです。それが、現在のビジネスモデルにつながっています。

山本 貴士(やまもと たかし)プロフィール

1972年、山口県生まれ。カーディーラー勤務を経て、1993年に足場業を創業。1997年に有限会社アクアビギを設立し、代表取締役に就任。翌年に有限会社エム・ビー・エスに商号変更し、外壁リフォーム業を開始する。2001年に株式会社エムビーエスに組織変更し、2005年に福岡証券取引所「Q-Board」に上場。オンリーワンの特許技術を武器に、地元山口県から全国展開を目指している。

企業情報

設立 1997年6月
資本金 1億8,501万2,000円(2014年1月現在)
上場年月日 2005年4月26日(福岡Q-Board)
決算期 5月末
事業内容 住宅および諸建造物の外装リフォーム全般、住宅および諸建造物の内装リフォーム全般、その他リフォームに関するコンサルティング、機能性塗料の開発および販売、建築工事業
URL http://www.homemakeup.co.jp/

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

IR通信メールマガジン

IR通信注目の上場企業やIPO予定企業などの最新情報をお知らせします。

ご登録はこちら

IR通信

IR通信

IR通信は上場企業と投資家をつなぐ「成長企業の経営戦略が読める情報誌」です。

定価:1,066円(税込)

IR通信への掲載・取材希望の方

IR通信編集部では、"成長企業の経営戦略を読む"というテーマのもと紙面に登場いただける経営者の方を募集しております。

pagetop